ページの先頭です

"めざせ!「救命の絆」世界一のまち"事業について

[2018年11月8日]

めざせ!「救命の絆」世界一のまち事業とは・・・

福知山市では、平成25年度から市内のどこで倒れても近くの人が応急手当てを実施し、命をつなぎ、助けあう、より安心・安全なまちづくりのため、 めざせ!「救命の絆」世界一のまち  事業を展開しています。 

命を救うために!

心臓が止まった人を救うためには、1秒でも早く胸骨圧迫(心臓マッサージ)を始めることが重要です。しかし、救急車が到着するまでの間、現場に居合わせた人によって行われる胸骨圧迫の実施率は、福知山市ではまだまだ少なく、また、応急手当の技術を身に付けるために、救急講習を受講する方の数も多くないのが現状です。

救命率世界一のシアトル市(アメリカ)では・・・

アメリカのシアトル市(総人口約60万人)は、現場に居合わせた市民による応急手当の実施率が50%を超え、救命率は年間平均約40%をほこり、世界一の救命都市と言われています。その背景には、人口の約半数が『救命講習』を受講しているという事実があります。

「救命の絆」世界一のまちをめざし・・・

福知山市では、シアトル市をモデルに、市民が応急手当を普及する体制を構築し、救命率の向上をめざします。

(1)市民からの公募による「応急手当普及員」の養成

(2)救急まちかど安心ステーション

(3)市民によるファーストレスポンダー(いち早く駆けつけ応急手当てを始める人)の養成

要約版

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

事業の進捗状況について

平成25年度から展開された本事業による実績は下記のとおりです。

市民救命士の養成(普通救命講習修了者)  23031人(平成30年10月1日現在)

市民応急手当普及員の養成(平成30年4月資格有効者)

市民からの公募による応急手当普及員数

76人(平成30年)

事業所や消防団で活躍する応急手当普及員数

消防団 296人 教職員 56人 企業等 14名(平成30年)

福知山市救急まちかど安心ステーション認定数

AEDステーション認定数  154件(平成30年10月1日現在)

応急手当ステーション認定数  62件(平成30年10月1日現在)

お問い合せ

福知山消防署 警防課救急係
電話: 0773-23-4119 ファックス: 0773-22-5458