ページの先頭です

旅館・ホテル等の表示対象物

[2015年8月1日]

防火対象物に係る表示制度

 平成24年5月に広島県福山市のホテル火災で、多数の死傷者が発生したことから、火災被害の拡大防止対策として平成26年4月1日から福知山市防火基準適合表示要綱を施行し、「防火対象物に係る表示制度」を開始しています。この制度は、ホテル・旅館等の関係者からの申請に基づき、消防機関から表示マークを交付する制度です。

1 表示制度の目的

 防火対象物の関係者の防火に対する認識を高め、防火対象物の情報を利用者の皆さんに提供することで、防火安全体制の確立を図ることが目的です。

2 表示基準

 ホテル・旅館等の関係者からの申請に基づき消防機関が、防火管理業務の適正化および消防用設備等の設置等、重要な建築構造等への適合性も含めた防火・防災管理上の一定の基準を検査した結果、消防法令等の防火基準に適合している建物に「表示マーク」を交付します。

3 表示対象物

 ホテル・旅館等で収容人員が30人以上で、地階を除く階数が3以上のものが対象です。

4 交付マーク

 表示マークには金・銀の2種類があります。基準に適合した場合、最初は「表示マーク」(銀・有効期限1年間)が交付され、3年間継続して基準に適合していると認められた場合には「表示マーク」(金・有効期限3年間)が交付されます。

5 表示マークの種類

6 表示マーク交付対象物

 現在、福知山市で「福知山市防火基準適合表示要綱」に基づく表示基準に適合し、表示マークの交付を受けているホテル・旅館等は、下記のとおりです。

交付対象物
  防火対象物の名称         所 在 地     交 付 日 表示マークの種別 
 ホテルサンルート福知山福知山市末広町5丁目1番地 平成26年8月1日      銀 
 アールイン福知山福知山市駅南町3丁目20番地の1 平成27年12月17日      銀 

お問い合せ

福知山消防本部 予防課
電話: 0773-23-5119 ファックス: 0773-22-5458