ページの先頭です

ガソリン携行缶を安全に取り扱うための留意事項

[2013年10月8日]

ガソリン携行缶を安全に取り扱うための留意事項

 ガソリンは揮発性が非常に高く、蒸気は空気より重いため、低温環境下においてもガソリン携行缶の蓋を開けると可燃性蒸気が出て、静電気火花のような小さな火源でも火災になる可能性があることがわかっています。

 ガソリン携行缶を安全に取り扱うために、次の事項に留意してください。

1. ガソリン携行缶は、直射日光の当たる場所や高温の場所に置かないこと

 

2. ガソリン携行缶を取り扱う場合は、周囲の安全確認とエンジン停止を徹底すること

 ガソリン携行缶を取り扱う場合は周囲に火源になりそうなものがないことを確認するとともに、万が一、火災になっても延焼拡大や人的被害が生ずるおそれがないことを確認すること。

3. ガソリン携行缶の蓋を開ける前に、エア抜きを行うこと

 日陰の風通しの良い場所にガソリン携行缶を置いてあっても、外気温の上昇に伴いガソリン携行缶内の圧力が高くなっている可能性があり、ガソリン携行缶の蓋の開放に伴い可燃性蒸気が噴き出す可能性があることから、ガソリン携行缶の蓋を開ける前に、少しずつエア抜きを行うことが望ましい。

 ただし、火気取り扱い周囲および人が集まる場所でのエア抜きはしないこと。

 

お問い合せ

福知山市消防署 予防課
電話: 0773-23-5119 ファックス: 0773-22-5458