ページの先頭です

福知山市内で熱中症による救急搬送が増加しています(消防署警防課)

[2018年9月12日]

熱中症に注意しましょう

熱中症は、夏の強い日射しのもとで激しい運動や作業をする時だけでなく、身体が暑さに慣れていない時期にも起こります。

また、屋外だけでなく、高温多湿の室内でも発症します。症状が深刻なときは、命に関わることがありますが、正しい知識があれば予防することができます。

熱中症を知り、自分でできる熱中症対策を心がけましょう。

予防策

  1. こまめに水分補給をする
  2. シャワーやタオルで身体を冷やす
  3. 暑いときは無理をしない
  4. 部屋の風通しを良くする
  5. 涼しい場所・施設を利用する
  6. エアコン・扇風機を上手に使用する
  7. 部屋の温度を計る
  8. 涼しい服装にする
  9. 外出時には日傘・帽子を着用する

熱中症になったときは

  1. 涼しい場所で衣服をゆるめて安静にし、スポーツドリンクなどで水分補給を行う
  2. 「身体に触ると熱い」「皮膚が乾いている」といった症状は、非常に危険な状態なのですぐに身体を冷やす
  3. 意識状態が悪い場合など様子がおかしいときには、迷わず救急車を呼ぶ

福知山市においても、熱中症における重症事例が発生しています。正しい知識で、熱中症を防ぎましょう!

福知山市の熱中症による救急搬送状況

福知山市では、111人の方を熱中症(疑い含む)により救急搬送しています。(4月30日~9月12日)

お問い合せ

福知山消防署 警防課
電話: 0773-23-4119 ファックス: 0773-22-5458